スキャルピングでもないブレイクアウトでもないEAを導入

いままでに経験したことのないEAで収益の向上に挑みます。

俺の一目
損小利大で辛抱強いトレーリングストップで一攫千金を狙える。スキャルピング系のEAが多いポーフォリオには不可欠の一品

俺の一目は、日本でつくられたチャート分析法である「一目均衡表」を活用したロジックで、EAとしては珍しい30分足を利用しています。先行スパン1と先行スパン2との間に構成される「雲」を利用して為替相場の方向性を判断する仕様。このEAにおける独自設定の組み合わせで、転換線と基準線とのバランスで特定の交差が現れる時にエントリーする方針で勝つことを目標としています。

俺の一目は、勝率が決してよいとは言えないEAですが、大勝ちするトレードがたまにあり、これが魅力の一つです。これがキャッチフレーズの一攫千金を狙うという言葉に表れる特徴でしょう。一目均衡表をつかったEAということで、最も一般的に利用されているであろうスキャルピング系EAとは違うタイミングでエントリーすることが期待できるため、ポートフォリオ構成としてレパートリーに加える価値があると考えています。

販売開始は2018年2月ですが、とても手頃な価格で販売されています。ゴゴジャンさんのサイトのEAの説明をみますと、知名度が低いため希望価格より相当低い金額で提供しているとの記載あります。俺の一目は大人気の一本勝ちと同じ作者様の商品なのですが、販売本数等に応じ一本勝ちと同じ価格に引き上げていく予定とのこと。これは値上げが生じていない早いうちの購入がお得と考えて、まずはEAを入手しました。ただし、決して衝動買いではなく戦略的なEAの入手です。(汗)

EAの概要

  • 取引:デイトレード/スイングトレード
  • 通貨ペア USD/JPY
  • 30分足を利用
  • ストップロス 90pips(左記は最大値:EAのロジックで変化)
  • テイクプロフィット 150(トレーリングストップ機能有の設定では上限なし)
  • 最大同時保有ポジション数: 1(1枚運用)
  • 両建て不可(1枚運用)
  • 単利使用(Money Management機能なし)

特徴的なところ

  • 一目均衡表の考えを活用したロジックを採用
  • 同時にもつポジションは1ポジションに限定する安心設計
  • デイトレードが基本、長期間ポジションの保有はしない
  • 勝率が高くないEA→ゴゴジャンさん掲載のバックテスト結果では勝率65%程度
  • たまに生じる大勝ちでプラス方向を維持→損小利大を考えたロジック
  • トレーリングストップ機能を内蔵し、EAの機能性を追求
  • 最大のストップロスは90pipsであるが、可変するストップロス機能で大きなドローダウンを防止
  • 月曜日の市場オープン時までには必ずEAを稼働させることが前提(作者様EA共通の独自仕様)

EAに対する考察

ゴゴジャンさんのEA商品の説明書きにある12年のバックテストでは、PFが1.39と人気商品としては特別に収益性が高いわけではありません。利益を急激に伸ばすEAではないのですが、長期間のバックテスト結果では右肩上がりのまずまずの成績です。ロジックの説明がほとんど無いEAも多く出てきている中、一目均衡表を使うというわかりやすいロジックの説明にとても好感をもちました。結局のところ、昔からあるトレード手法やテクニックをもとに作られたEAの成績は、インジゲーターを駆使した先駆的なトレード戦略のEAに比べて、利用条件が異なる状況下でもエントリーの同時性に優れて安定しやすいのではないでしょうか。なお、30分足を利用するEAを利用するのは初めてですが、勝ってくれれば何の問題もありません。MT4へEAを設定するときにチャートは、30分足に設定する作業だけは忘れないように気を付けます。

エントリーは単一の1ポジションなので安心ですが、意外にも高頻度でエントリーする仕様です。多いときには一日に数回エントリーします。あとは、勝率が低いので、いままでスキャルピングEAを利用している人は負けてばかりいる状況をみてストレスを感じるかもしれません。しかし、たまに大きく勝つポジションをとるEAであるため、トータルとしてプラス方向の成績となる仕組みです。そのため、負けるトレードをよく見る状況が嫌だという人にはおすすめできないEAです。でも、トータルではこれだけ勝率が悪くても収益を確保できるというEAの仕様は、リアル口座でもバックテストと同様のトレード実現性に期待がもてます。

EAのSL(ストップロス)のデフォルト設定は90pipsと大きいのも特徴です。ただし、相場の状況に応じて極力早めに損切する仕様となっていますので安心できます。それでもSLまで行ってしまうことがたまに出てくるはずです。SLが連続した時などに大きな火傷をしないため、取引ロットは大きくしすぎない余裕をもった資金運用が必要です。バックテストを行うときは、EAのパラメーターの画面で調整できるSLの設定値をもう少し小さくした場合の影響を検証してみようと考えております。

トレード予定

俺の一目は、利大損小百花繚乱EURUSDと同じ、楽天MT4口座にて稼働する予定です。ただし、そのためには資金の増額が必要なため、完了次第の運用を考えて、とりあえずはEAの入手を行いました。俺の一目の利用開始までは少し時間がかかる予定です。

他のEAとエントリーポイントが異なる仕様と考えられるので、上手く補完しながら収益を伸ばしてほしいところです。ゴゴジャンさんのフォワードテストの初期では収支がマイナスに落ち込んでいた時期が数か月続いています。短期間で収益を求めるのではなく、長期利用を前提としてこのEAと付き合っていく予定です。

↓ ゴゴジャンさんの商品紹介ページはこちら
俺の一目
損小利大で辛抱強いトレーリングストップで一攫千金を狙える。スキャルピング系のEAが多いポーフォリオには不可欠の一品
損小利大で辛抱強いトレーリングストップで一攫千金を狙える。スキャルピング系のEAが多いポーフォリオには不可欠の一品?|?fx-on.com

スポンサードリンク