スプレッドが大きくなれば、FXの利益は小さくなるのは当たり前。FX自動売買ではスプレッドが小さいトレード条件がよいに決まっている。しかし、スプレッドの条件が良いとされる日本のFX口座は、レバレッジが海外口座に比べて小さいのが難点。もっと大きくレバレッジを利かせたいという方は、海外口座の利用を検討されると思います。

一本勝ちはゴゴジャンさんで販売されているFX自動売買のEAですが、発売当時から成績が非常によく、利用者が多くいらっしゃることで有名となっています。そんなEAをやっと導入したのですが、やっぱり成績に与えるスプレッドの影響が気がかりなので、スプレッドを段階的に変えるバックテストで利益差を確認しました。







一本勝ちを5つのスプレッドでバックテスト&比較

【バックテストの条件】

  • 過去のUSD/JPY・MT4ヒストリカルデータは「tickstory」より入手
  • バックテスト期間は10年以上として2007/7-2018/6を抽出
  • スプレッドは低い~高いを並べて0.5~3.0Pipsを0.5Pips刻みで5パターンを検証
  • 初期資金は10000$、1.0ロット固定の運用

一本勝ちバックテスト5パターンの一覧表

スプレッド5 スプレッド10 スプレッド15 スプレッド20 スプレッド25 スプレッド30
テストバー数 269974 269974 269974 269974 269974 269974
モデルティック数 98973861 98973861 98973861 98973861 98973861 98973861
モデリング品質 90.00% 90.00% 90.00% 90.00% 90.00% 90.00%
不整合チャートエラー 0 0 0 0 0 0
初期証拠金 10000 10000 10000 10000 10000 10000
スプレッド(Pips) 0.5 1.0 1.5 2.0 2.5 3.0
LOT(単利運用) 1.0(10万通貨) 1.0(10万通貨) 1.0(10万通貨) 1.0(10万通貨) 1.0(10万通貨) 1.0(10万通貨)
純益 91677.51 76983.97 59928.73 46716.88 32049.62 17673.14
総利益 275495.19 266389.57 253982.22 245156.16 235463.72 225630.31
総損失 -183817.68 -189405.6 -194053.49 -198439.28 -203414.1 -207957.17
プロフィットファクタ 1.50 1.41 1.31 1.24 1.16 1.08
期待利得 29.34 24.58 19.09 14.87 10.18 5.62
絶対ドローダウン 502.79 641.39 733.62 1468.61 2822.39 4138.38
最大ドローダウン 4341.33 (4.92%) 4929.33 (6.51%) 5683.67 (9.02%) 6222.28 (12.01%) 7825.22 (19.69%) 10845.96 (36.82%)
相対ドローダウン 23.64% (3235.44) 25.39% (3391.65) 27.37% (3547.93) 33.19% (4238.59) 42.51% (5307.60) 51.83% (6307.44)
総取引数 3125 3132 3140 3142 3149 3144
売りポジション(勝率%) 1595 (87.96%) 1600 (87.75%) 1606 (87.80%) 1611 (87.83%) 1613 (87.72%) 1612 (87.72%)
買いポジション(勝率%) 1530 (68.43%) 1532 (50.91%) 1534 (49.74%) 1531 (49.38%) 1536 (49.15%) 1532 (48.83%)
勝率(%) 2450 (78.40%) 2184 (69.73%) 2173 (69.20%) 2171 (69.10%) 2170 (68.91%) 2162 (68.77%)
負率 (%) 675 (21.60%) 948 (30.27%) 967 (30.80%) 971 (30.90%) 979 (31.09%) 982 (31.23%)
最大 最大 最大 最大 最大 最大
勝トレード 2591.3 2585.08 2578.87 2572.65 2566.43 2560.22
敗トレード -1002.77 -1009.04 -1012.8 -1018.13 -1024.34 -1030.54
平均 平均 平均 平均 平均 平均
勝トレード 112.45 121.97 116.88 112.92 108.51 104.36
敗トレード -272.32 -199.79 -200.68 -204.37 -207.78 -211.77
最大 最大 最大 最大 最大 最大
連勝(金額) 32 (3317.51) 30 (2864.52) 30 (2810.67) 30 (2756.85) 30 (2562.67) 30 (2449.44)
連敗(金額) 4 (-1817.36) 7 (-397.40) 7 (-431.08) 7 (-464.80) 7 (-498.48) 7 (-532.17)
最大 最大 最大 最大 最大 最大
連勝(トレード数) 4486.05 (21) 4448.99 (21) 4413.89 (21) 4071.53 (21) 4036.43 (21) 4001.33 (21)
連敗(トレード数) -1817.36 (4) -1829.87 (4) -1842.35 (4) -1854.85 (4) -1867.33 (4) -1879.82 (4)
平均 平均 平均 平均 平均 平均
連勝 4 3 3 3 3 3
連敗 1 1 1 1 1 1

一本勝ちのスプレッドの違いによる利益比較

一本勝ちのスプレッド変化による利益推移を示すグラフ

考察

やっぱりスプレッドは利益に大きく影響を与えます。海外口座だとUSD/JPYのスプレッドを平均2.0Pips程度で考えるケースが多いのですが、この場合は0.5Pips運用の条件に比べて利益が半減します。レバレッジを大きく働かせてFXの取引を行いたい場合は海外口座という選択もありですが、利益追求で一本勝ちを運用するためには低スプレッドをうりにする日本のFX業者の利用が優位になります。

ただ、0.5Pipsという条件は最も良い状態におけるほぼ最低のスプレッドです。スプレッドが小さい業者を利用するとしても、期待利益としては平均1.0Pips程度の状況を想定することで、想定と大きな乖離がでないと思います。3.0Pipsのスプレッドとしたケースでもマイナスにならないのが一本勝ちのすごいところですが、10年での利益としてはとても小さく、スプレッドが大きい状態ではせっかく優秀なEAの機能を使いきれない状況となっています。

一本勝ちはスプレッドが小さい条件で利益を大きくするができるため、日本のFX業者のMT4利用が最もおすすめです。

『いますぐ調べる!』スプレッドが小さくMT4が利用できる日本のFX業者

↓このブログで紹介した一本勝ちEAの内容はこちらから調べられます↓