スポンサードリンク

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆




自動売買でキャッシュバックを受け取れる海外口座

MT4を運用しているXM口座は、キャッシュバックを受けることが可能な口座として運用しています。キャッシュバックとは、自分が取引して生じる手数料(スプレッド)から一定量のキャッシュバックを受けるシステムで、海外口座では珍しくありません。
取引き量が多ければ、キャッシュバックを受けることが可能な金額も増えてきます。ただし、キャッシュバックを受けるためには条件があります。利用するFX口座は、キャッシュバックを受けることができる運営会社経由で新たにFX口座を開設する必要があります。
直接、海外のFX業者から口座を開設するのではなく、キャッシュバックを行っている運営会社のホームページを経由して口座を開設することが必要です。
わたしが利用している運営会社はキャッシュバックビクトリーといいます。画像に示すようなイメージでFX取引量に応じたキャッシュバックが発生します。
(画像をクリックすると運営会社のページにジャンプします)FX取引のキャッシュバックシステムを説明する画像

一年間のキャッシュバック金額を公開

今回、一年の取引を通じてどの程度のキャッシュバック金額になったのかを公開いたします。以下は、口座を開設してからキャッシュバックビクトリーの口座に蓄積された一年分のキャッシュバック金額です。この運営会社は日本語での表示がとてもわかりやすいです。英語に疎いわたしでも、何の問題もなく登録して一年間運用することができました。

海外FX口座でのキャッシュバック実績を示す画像
2016年03月分:12,496円
2016年02月分:9,697円
2016年01月分:8,167円
2015年12月分:17,023円
2015年11月分:10,608円
2015年10月分:6,677円
2015年09月分:4,966円
2015年08月分:3,389円
2015年07月分:5,780円
2015年06月分:13,900円
2015年05月分:25,162円
2015年04月分:15,628円
一年間でのキャッシュバック総額は
133,493円

となりました。結構大きな金額になっています。この口座はわたしの『mt4の月間収支』の口座④に該当します。ドローダウンが連発となった昨年の8月ごろは取引ロット数を控えめにしたので、当然キャッシュバック金額が小さくなっています。
口座④についてですが、2016/4現在の合計損益が約8.6万円のマイナスです。これにキャッシュバック分の13.3万円がプラスで加わるので、約5万円のプラスになったのと同じことですね。

侮れない海外のFX業者の利点

キャッシュバックが発生する海外のFX業者は、日本の業者に比べてスプレッドが大きくなっています。このため、FX自動売買”そのもの”で大きな利益を出そうとすることには無理があると考えるのが普通です。しかし、海外口座ではレバレッジ制限が25倍の日本とは異なり、以下のメリットがあります。
・50倍~800倍という日本では不可能な大きなレバレッジをかけることが可能!
・急な相場変動で資金がショートした場合には、そのマイナスが帳消しになる!

FX業者によりその特徴や利用ルールが異なりますので、すべてが当てはまるものではありませんが、XMは上記を確実に満足するおすすめできるFX業者です。
昨年に起こったスイスフランの急激な為替変動では、大きな損失を被った会社や個人投資家がいたということは大変有名な話ですが、ショートした場合にそのマイナス分がすべて帳消しにできるというシステムは、大きな損失を防ぐ保険をかけて運用していることと同じですよね。日本のFX業者では、このシステムを取り入れている業者が一つもありません。マイナスになった損失分は、どんなに大きな金額であろうとも、自分で補填しなければならないのが日本では常識なのです。これに対して口座のマイナス金額をすぐにリセットできるということが、どれだけすばらしいことなのかを理解していただけたらと思います。

スプレッドが小さい業者が日本にあるのにも関わらず海外のFX口座を利用するためには、上記の利点をうまく活用した運用方法を考えるのがよいでしょう。
海外口座を利用したFXの自動売買も使い方次第であることが、一年間の自動売買で証明できたのではと考えています。
by gold bridge

スポンサードリンク

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆