FX自動売買は不労収入を得る魔法の杖なのか

だれにでもできるFX自動売買は魔法のようにお金が増える?MT4とEAを使った簡単設定。リアル口座で検証します。


詐欺EAというキーワードで思うこと

詐欺EAって言いたくなる気持ち


これはなんなんだ~と騒ぐ心の中


詐欺=犯罪ですのでドキッとする響きですね。投資の世界ではこのだましによる被害は後を絶ちません。あなただけの儲け話というのはほとんどの人が無いとわかっていても、欲に目がくらみ手を出してしまう。次のターゲットはわたしかもれません。

でも。ここで言っている詐欺EAってそういう意味とは違う内容だと思っています。
シストレであるMT4を利用したFX投資だって、儲けることをだれだって考えて実施するものです。EAを自作して利用している人は除いて、自分が信じたEAが結果を残せなかったとき、儲かるなんて嘘じゃないかと嘆くことでしょう。

買ったEAに騙されたと思わないために


わたしはシストレとして購入したEAをMT4で運用しています。内容はこのブログで書いているとおりです。無料EAもネットで検索すればいろいろあると思うのですが、利用するEAの情報が多いものを長く利用したいという気持ちで自分のスタイルに合う有料EAを探しています。

有料EAは専門サイトで販売しているか、無料で利用できる代わりに指定したFX業者で口座を開設するなど、入手方法が様々ですね。このブログでも紹介していますので、参考にしていただけたらうれしいです。有料EAで人気がある商品は、他のブロガーさんが検証記事を作成するなど情報が多くあり、それを見ているだけで楽しいです。

ただ一点、ネットに氾濫している情報ですが、少し斜に構えた視点をもって自分なりに精査することが大事です。有料EAの場合は、その商品を数多く販売することが本当の目的です。このためのキャンペーンや販売促進をよくやっていますが、これはEAというものに限らず様々な買い物でもよく目にする光景です。

わたしは買い物するときにいろいろな情報を参考にするのはよいが、最後に買うと決めるのは自分自身であるということを忘れないようにしています。

EAを使い始める前に再確認を


以下のことをチェックしてから利用するのであれば、もし損失が出てしまったとしてもあまり腹が立たないかも?しれません。
・そのEAの特徴を自分の言葉でいえるほどしっかり確認したか?
・長期間に実施したバックテストを(できれば複数)確認したか?
いま調子がよいだけでは?その結果は、安定しているといえる内容か?
・情報はメリットばかりかもしれないが、デメリットが何なのかを考えてみたか?
・そのEAの利用方針を明確にイメージできているか?

 (例)
 〇長期的につかってにコツコツ儲けたい  
 〇短期間の利用で逃げ切りたい
 〇他のEAと長短を補うポートフォリオを組んでみたい
 〇一発逆転を狙った大博打、ゼロになったってOKの大勝負
 等々

結局は自己責任という気持ちで今後も頑張りたい


FXに限らず投資は自己責任で。こうやって客観的に書くのはだれだってできますが、自分のことになると、冷静になれないときがあるのはわたしも同じこと。だからこそ、後悔しないように資金の運用を任せるEAは慎重に選んでいきたい。

また、予想している運用ができなかった場合はすぐに損失を取り戻そうと無理をせず、一度足踏みをしたとしても次のステップをしっかり考えていきたい。EAは過去の相場に最適化されたプログラミングであって、未来のことは誰にもわからない。そんな手さぐりの状況であることを肝に銘じてFX自動売買をつづけていくしかありません。

わたしがわかっていることなんて、ホンの一握りの知識でしかないわけで、他の方のブログやネットの情報をいろいろ拝見しつつ、自分の中で消化していく気持ちを持ち続けたいと思います。

詐欺EAって本当はあるのかもしれません。でも自分が選んだEAでは、損失が出たとしても詐欺だなんて考えることはまずないです。その結果は、すべて自身の責任である。
これ・・・言ってしまったという感じです。やっぱり、損はしたくないですね。



スポンサードリンク
関連記事

おどろきのドローダウンが到来したEA

エッ いきなりのマイナス結果におどろきそう


fx-onさんのサイトを覗いたら、最近ものすごいドローダウンを起こしているEAがありました。それは評価が高く利用者が多いBeatrice-07です。

シストレ24 2015年度大賞受賞ストラテジー!※シストレ24はインヴァスト証券株式会社の商標です。
Beatrice-07
Beatrice-07 | fx-on.com

上記のサイトで記載さいれているフォワードテストでの負けは以下のとおりとなっています。

  通貨   決済日時  ロット  収支

EUR/USD

05/16
10:36

0.30

-390.90

EUR/USD

05/16
10:36

0.30

-390.90

EUR/USD

05/16
10:36

0.30

-390.60

EUR/USD

05/16
10:21

0.30

-390.60

EUR/USD

05/12
17:59

0.30

-131.70

EUR/USD

05/11
12:20

0.30

-390.90

EUR/USD

05/11
12:17

0.30

-390.30

EUR/USD

05/11
12:17

0.30

-383.10



5/11~5/16にかけての収支はナント-2859$です。
取引きロットを0.1に換算しても-953$ !!!

これは持ちこたえられなかった方もいるのではないかと心配になりました。

しかし、このドローダウンは必然なのか、それとも想定外なのか。


気になったのでfx-onさんのサイトに掲載されているバックテストを確認してみることにしました。


確認したのはバックテストとして記録されている2010/1~2015/10の期間に相当します。

その中で「連続してマイナスを食らった時期」を書き出してみます。
収支の端数はわかりやすくするため切り捨てています。

   マイナス連続期間  ロット  期間の収支

2010/1/202010/1/21

0.10

-1044

2010/2/122010/2/26

0.10

-764

2010/4/42010/4/6

0.10

-916

2010/4/212010/4/23

0.10

-785$

2010/5/62010/5/12

0.10

-1561$

2010/5/172010/5/19

0.10

-651$

2010/6/142010/6/18

0.10

-1097$

2010/8/22010/8/4

0.10

-696$

2010/8/122010/9/10

0.10

-1922$

2010/11/32010/11/12

0.10

-2607$

2010/11/262010/11/30

0.10

-1123$

2011/1/192010/1/31

0.10

-1393$

2011/4/82011/4/18

0.10

-1076$

2011/4/292011/5/11

0.10

-1083$

2011/7/112011/7/12

0.10

-1040$

2011/9/72011/9/15

0.10

-1593$

2011/9/262011/10/3

0.10

-1761$

2011/10/312011/11/1

0.10

-1561$

2012/2/292012/3/9

0.10

-916$

2012/5/112012/5/18

0.10

-773$

2012/10/262012/11/6

0.10

-997$

2013/2/152013/2/25

0.10

-875$

2013/6/282013/7/5

0.10

-959$

2013/10/18~2013/10/24

0.10

-1036$

2014/2/142014/3/7

0.10

-1244$

2014/5/232014/6/12

0.10

-808$

2014/8/292014/10/3

0.10

-2062$

2014/12/262015/1/9

0.10

-1286$

2015/3/102015/3/13

0.10

-1178$

2015/4/242015/4/30

0.10

-1284$


 

バックテスト資料の内容から言えること。



・このEAの使用はドローダウンが連続する期間に耐えられる資金の準備が必要
・バックテスト資料における最大損失は-2607$と今回より大幅に規模が大きい期間あり
・2010年の結果から不調期間では、ドローダウンが連発する可能性が高いEAといえる

今回は基本ロット数を0.1とした場合の損失は-953$ですから、これはバックテストより想定内の損失と言えそうです。

このEAは連続して損失を出す期間があるのが特徴と言えそうです。しかし、以下は上記のfx-onさんのバックテスト資料のグラフになるのですが、全体としては右肩上がりになっています。

Beatrice-07

ところどころに低迷期間があるため、資金が潤沢でこれを乗り切れればそのあとに収益を刈り取る時期がくるということのようです。

このEAは損小利大とはちょっと言えないと私なりに解釈しました。ただ、長期的に見ていくのであれば、過去ではしっかり結果を残していますし、収益を挙げることができる有望なEAに間違いはないでしょうね。

でも、運用を始めたばかりのときにドローダウンが連発したらショッキングですよね。さきほど記載したように、資金は潤沢に用意した状況での運用が良いと思うので、利用する際は資金とロット数設定に注意を要します。

もし、0.1ロットで運用するのであれば、ドローダウンで一気に2600$程度が失われても口座が破状しない資金の準備が必要と考えられます。
取引き資金 0.1ロットが最大4ポジション ⇒ 日本のFX口座(レバレッジ25倍)
      40000$/25*120円     = 192,000円
      2600$       *120円  = 312,000円  ※1ドル 120円換算
                 合計      = 504,000円
安全を見て資金を用意すると、さらに4ポジション分の資金を上乗せして70万円程度は最低でも口座へ入金しておくことをお勧めします。

シストレ24 2015年度大賞受賞ストラテジー!※シストレ24はインヴァスト証券株式会社の商標です。
Beatrice-07
Beatrice-07 | fx-on.com
スポンサードリンク
関連記事

お小遣いがつくれる海外FXのキャッシュバックが生む利益とは

海外のFX口座を利用している理由とは


わたしは海外のFX口座として、XMを使っています。
XMを利用している理由は、次の3つです。
その一 日本語のホームページがあってその内容がわかりやすいこと
その二 ゼロカットシステムがあるため、絶対に追証が発生しないこと
その三 取引に応じたポイントに加え、現金キャッシュバックがもらえること


ここでは現金キャッシュバックにスポットを当てて、わたしのFX口座がどんな状況なのかを書いてみます。これから海外口座でFX自動売買を考えている人の参考になってくれたらうれしいです。

現金キャッシュバックがもらえる理由


現金キャッシュバックは、為替の取引量に応じてもらえるお金になります。たくさん為替取引を行えば、その分多くキャッシュバックが発生します。

では、そのキャッシュバックはどうやって発生するのかということですが、これは海外FX業者からわたしが直接いただけるものではありません。キャッシュバックをもらえる口座をつくるためには、キャッシュバックの取扱いをしている専門サイトを経由してFX口座をつくるのがふつうです。

わたしはキャッシュバックをもらうため、「CASHBACK-Victory」というサイトを利用しています。このサイトにはそのシステムをわかりやすく説明した模式図が載っていますので、それを参考として説明します。

FX取引のキャッシュバックシステムを説明する画像

※図をクリックすると「CASHBACK-Victory」のサイトへジャンプします。

上に示す図のように、わたしが為替取引を行うと口座を開設の紹介を行ったキャッシュバックサイトへ取引量に応じたマージンが、海外FX業者から支払われる仕組みです。簡単に言えば、顧客を紹介してもらった礼金ということですね。

そして、今度はキャッシュバックサイトから、マージンの分配として取引量に応じて発生するキャッシュバック金額を自分のアカウントへ入金してくれます。なお、アカウントへの入金は、翌月の末に表示されることがこのキャッシュバックサイトのルールとなっています。

アカウントに発生したキャッシュバックは出金依頼をすることにより、指定する自分の口座へ現金が支払われます。この際、所定の手数料がかかりますので、一定の金額が貯まってから出金することになります。

実際に支払を受けた結果を以下のブログ記事に書いていますので参考にどうぞ。

⇒ 海外FXのキャッシュバックを受け取ってみる

最近のキャッシュバック金額はどのくらいなのか


現時点のキャッシュバック金額のキャプチャー画像を貼り付けます。

海外FX キャッシュバック実績

最近は取引量が多いEAをXM口座の運用から外しているので、キャッシュバック金額が少なめに推移しています。いまの取引方針では、今後も月額が大幅に増加することはないと思います。しかし、ちりも積もれば山となるように、少しずつですが取得した合計金額が増加してきました。キャッシュバックの累計は19万円を超えました。

いままで実施した出金処理は一回だけですが、その後に追加で貯まった金額を見ると、いつ出金してもよい額になりました。ここにお金を貯めておいても何も利用できませんので、そろそろ出金処理をお願いしようと思います。

もらえるキャッシュバック比率がよいFX業者はどこ?


利用するサイトによって、そのキャッシュバック金額は異なりますので、ここではわたしが利用しているサイトの例として記載します。キャッシュバック金額は1ロット当たりの金額を示していることが多いです。ここでの1ロットは、十万通貨単位となっているのが一般的です。

主な提携海外FX業者 

※図をクリックすると「CASHBACK-Victory」のサイトへジャンプします。

仮に0.6pips/1lot のFX業者であれば、十万通貨の取引に応じて6ドル(日本110円換算で660円)の現金キャッシュバックを受けることができます。

キャッシュバックサイトでは複数の海外FX業者と提携しており、ユーザー側の選択肢は多くあります。キャッシュバック金額は各FX業者によって異なりますし、しっかり調べてから口座を決めるのが良いと思います。

わたしが利用するXMはキャッシュバック金額が多い部類の業者であり、おすすめできる海外FX業者です。最初に書きしましたが、XM口座は追証の心配がない業者ですし、キャッシュバック以外にも取引で利用できるポイントが貯まる特典もあり、一度は試してみて損しない業者の一つだと思います。

ただし、取引に伴うスプレッドは各FX業者によって異なるため、キャッシュバック金額だけに囚われてしまうと、見えない取引手数料が高いところを選んでしまう可能性があります。近年は低スプレッドをうたう海外FX業者もできています。取引の利幅が小さいスキャルピング系のEAを利用する場合は、この点に特に気を付けたうえで複数のFX業者をしっかりと検討してみるのが良いと思います。



いかがでしたでしょうか。
海外FXのキャッシュバックで一定の金額をつくることが可能であることを記載させていただきました。

為替取引はトントンになってもキャッシュバックでおこづかいを稼ぐという手法も悪くはないと考えています。 スポンサードリンク
関連記事