ガッツでFX自動売買

ARTICLE PAGE


      

システムトレードはレンタルサーバーを活用しよう

mt4システムトレード

 レンタルサーバー・仮想ディスクトップ(有料)を利用したMT4の取引について紹介します。

外部サーバーを利用する安定したFX自動売買

 自宅のパソコンでMT4を利用した自動売買を行う場合は、パソコン電源を常に入れておく条件となります。

 でも、パソコンがフリーズしたり、万が一停電になってしまった場合は、取引が途中であってもコントロールができなくことが大きな課題です。常時電源が入るパソコンの電気代も気になりますよね。

 これを回避する方法として、レンタルした外部のネットサーバー上で作動させるという方法が、多くの人に利用されています。


仮想ディスクトップに特化したWindows VPS

簡単に特徴を示すと・・・
 ・24時間止まることがない
 ・外部サーバーなので自宅のパソコンは切ってもOK
 ・どこからでもディスクトップを操作できる(要知識)
 ・MT4のプログラムを止めることがない
 ・windowsが入っているので他の用途にも利用可能

オススメのVPS(windows仮想ディスクトップ)

 おすすめするレンタルサーバーを紹介いたします。

オススメ1 : SPPD 仮想Windowsデスクトップサービス

 わたしが利用しているサービスです!
 

FXの自動売買で利用されている方も多いと思います。コースを記載します。

 コース
ベーシックパワフルエクセレント
月額料金2,160円3,564円6,264円
HDD容量60GB100GB120GB
メモリー1GB2GB4GB
OSWindows Server 2008 R2 SP1 (64bit)
 年間支払いをすれば、上記から割引があります。
 わたしはベーシックコースで利用しています。メモリーが1GBなので本当はもう少しほしいところですが、これで問題なく作動しています。
 SPPD のホームページでは、ベーシックコースの推奨するMT4の起動数は1と少ないのですが、私は現在4つのMT4を立ち上げていましたが、EAを追加したことが原因でレンタルサーバーがフリーズしました。無理をしていたことを反省しています。そこで、2Gのパワフルコースに変更して、運用することにしました。2Gのパワフルコースであれば、動作も安定しており問題ありません。現在の運用でメモリーの余りも1G以上ある状態でサーバーが稼働しています。これから、よいEAを見つけたときにMT4を増やすための余力ができました。

 当然、残りのメモリーは少なくなるわけですが、メモリー残量を管理するフリーソフトを入れ込んで、フリーズが生じないようにしています。

 ただし、これ以上MT4を立ち上げるのは危険かもしれないので、複数のMT4を利用されるのであればメモリーに余裕があるパワフルコースをおすすめします。


 もともと、便利なソフトは入っていませんが、追加料金でワードやエクセルなどがプリインストールされているコースもあります。
 ホームページで詳細はご覧ください。

↓↓↓ホームページはこちら↓↓↓



オススメ2 : お名前.comデスクトップクラウド

 利益を出すことが目的ですから、あまり費用がかかるようだと二の足を踏むことになりますよね。
 先ほどのSPEEDと同等の料金で利用できるWindows VPSです。



 お名前.comが運営している仮想ディスクトップサービスで、それなりに知名度をもつ会社なのではと思います。
 サーバーを海外にもっているのですが、サポート窓口はすべて日本語ですし、24時間365日無料の電話サポートがあるそうなので初心者には心強いです。コースを記載します。

 コース
スタンダードfor FXforWinアプリ
月額料金2,400円2,400円6,400円
容量50GB50GB100GB
メモリー1GB1GB2GB
OSWindows Server 2012 R2/2008 R2

 スタンダードとfor FXのコースの違いはMT4が最初から入っているかどうかという違いで、基本性能に差はありません。
 MT4はどのみち、FX業者からダウンロードしたものをインストールするのが普通なので、べつにスタンダードでも問題ないです。
 こちらも、年間支払の割引があります。


 SPPDよりは少し高いですが、名前を知っている会社がよいかどうかという判断もあるので、初めての方の候補となりそうですね。
↓↓↓ホームページはこちら↓↓↓




オススメ3 : WEBKEEPERS Windows VPS

 ここは安いです。外部サーバーを利用するMT4の取引を試してみたいけど、お金はかけたくないという方には候補になると思います。

 ただし、私は使ったことがないので、安定性についてはわかりません。
 費用が安いということは、それ相応のリスクもあるのでよく調べてから利用するのがよいです。
 windowsのコースを記載します。

 windows VPSコース
WDV-01WDV-02WDV-03WDV-04
月額料金1,880円2,580円4,480円8,180円
容量60GB80GB120GB160GB
メモリー1GB2GB4GB8GB
OSWindows Server 2012 R2

 当然ながらこちらも、年間割引がありますのでさらに安くすることができます。
 私だったら・・・メモリーが2GBあるほうが知らない間にフリーズする不安がなくなるので、WDV-02が気になりますね。

 詳しくは下記のホームページをみてみてください。
↓↓↓ホームページはこちら↓↓↓

VPS業界 最安級宣言! 高速SSD搭載VPS


 いずれにしても、FX自動売買で不労収入を得ようという目的ですから、安定してルーチンワークが行えるシステムがなければだめですよね。     
 システムトレードを行う環境としては、外部サーバーを利用した仮想ディスクトップが最も適していると思います。

 月々に少しだけお金がかかるようになりますが、なによりもMT4が止まることがなく安心できますし、より多くの収益を出さなくてはという気持ち”工夫を重ねていくための原動力”として、プラスの思考につなげております。これはFX自動売買の必要経費ですね。


魔法のようなFX自動売買を目指して by goldbridge
関連記事

≪スポンサードリンク≫

0 Comments
Leave a comment
0 Trackbacks

※免責事項※
  当ブログは、筆者のFX自動売買に対する考えや意見等を紹介しております。安易な投資活動を勧めるものではありません。
 どんな投資にもリスクがあります。FXへの投資はリスクがあることを十分に理解し、後悔のないように自己の責任で判断ください。

Copyright © ガッツでFX自動売買 All Rights Reserved.