ガッツでFX自動売買

ARTICLE PAGE


      

2017年2月 FX自動売買検証

mt4月間収支

2017/2の FX自動売買結果

2月の自動売買結果を掲載いたします。

2017/2 FX自動売買 mt4 検証結果
口座運用EA通貨収支(円)備考
OANDAwhiteZUSDJPYUSD/JPY-30,906 
break scal
system
USD/JPY
EUR/USD
19,144 
Inon_Scalping
_Master
EUR/USD02月停止

XM
113.5円
換算
緊急発動FXUSD/JPY14,694US$129.46
マルチデイトレードAUD/JPY-10,826-US$95.38
AUD/USD-8,788-US$77.43
EUR/JPY0US$0.00
EUR/USD-2,797-US$24.64
GBP/USD-5,121-US$45.12
NZD/JPY-6,044-US$53.25
USD/CHF8,692US$76.58
USD/JPY-36,278-US$319.63
②Σ-46,468 
 XMキャッシュバック-3,130前月分
VPS費用-3,564 SPPD
仮想ディスクトップ
外部サーバー
収支-58,664
年利換算-39.1%運用資金合計 約180万
OANDA JAPAN 東京サーバー
XM スタンダード口座
※その他 ゼロ円XM口座でキャッシュバック用としてEGOISTを運用


2017年2月 FX自動売買棒グラフ

2017年2月 FX自動売買折れ線グラフ

数値を見てのとおりですが、受難の一か月でした。White bear Z がドローダウンを食らってしまい、利益をガツンと吹き飛ばしました。スキャルピングのEAなので、こういうことにはびっくりはしませんが、一回ドローダウンを起こすと取り戻すのにだいたい10回分の取引が必要となります。

バックテストの結果よりWhite bear Z が一年間に生じるドローダウンの機会は最大でも2~3回程度です。もしこの回数を超えるドローダウンが連続して起きたときは、運用を止める方針です。
↓このEAの長期バックテスト結果はこちら↓
長期バックテスト White Bear Z USDJPY


ブレイクスキャルシステムについては、なかなかいい結果だと思います。なぜかというと、2月はドローダウンがありましたが、それでも収支がマイナスには転落しませんでした。このEAは取引き回数が利用しているEAの中で最も多く、たまに来るドローダウンを吹き飛ばすくらいの勢いをもっているということです。
ブレイクアウトの瞬間を掠め取る!!ヒットアンドアウェイのスキャルシステムです。
ブレイクスキャルシステム
ブレイクスキャルシステム | fx-on.com

マルチデイトレードについては、利益がでないケースがつづき、ロットを大きくなったところで、取引と真逆に相場が動いたためマイナスが大きくなっています。特にUSDJPYの取引はこのEAを導入してから一度もいいところをみていません。実はまだバックテストができていないので、今度やってみようと思います。

緊急発動FXは一度だけ取引がありました、自分の感覚としては結構値動きが激しい月であったと思います。しかし、このEAの出番があまりなかったところをみると、意外にも急激ではない流れの中で為替が動いていると言えるのかもしれません。

2月はマイナスの結果となりましたが、今までの一カ月に起きたことがあるマイナスに比べればかわいいもの?でしょうか。3月も同じようでは困るので、EAたちには頑張ってほしいです。

by goldbridge

関連記事

≪スポンサードリンク≫

0 Comments
Leave a comment
0 Trackbacks

※免責事項※
  当ブログは、筆者のFX自動売買に対する考えや意見等を紹介しております。安易な投資活動を勧めるものではありません。
 どんな投資にもリスクがあります。FXへの投資はリスクがあることを十分に理解し、後悔のないように自己の責任で判断ください。

Copyright © ガッツでFX自動売買 All Rights Reserved.