ガッツでFX自動売買

ARTICLE PAGE


      

緊急発動FXがバージョンアップでパラメーター変更

EA長期バックテスト

緊急発動FXがバージョンアップでパラメーター変更


2017/2/10にバージョンアップがありましたが、細かい説明がfx-onさんのホームページに書かれていないため、確認した結果をアップします。

今回バージョンがV1.06 より V1.07に変更となりました。このバージョンアップでEAのデフォルトの設定値に変更が生じています。どの値が変更となっているかを表に記載しました。

緊急発動FXV1.06v1.07
MAGIC12015071020150710
MAGIC22015071120150711
Lots0.10.1
MMfalsefalse
StopLoss140170
TakeProfit250250
Slippage3333
COMMENT緊急発動EAv106緊急発動EAv107
Max_Spread1010
exkinsi_buyこれ以上の高い値では買わない
kinsi_buy200.0 200.0
exkinsi_sellこれ以下の低い値では売らない
kinsi_sell2.0 2.0
exHige_p急に動いたpips
Hige_p51.0 52.0
exHige_time対象の時間足
Hige_time1 1
exnumber5買いがこのRSI値以上になれば利益確定
number579.0 76.0
exnumber6売りがこのRSI値以下になれば利益確定
number624.0 20.0
exModify_TPpipsこの値の含み益を持ったらストップを移動
Modify_TPpips39.0 39.0
exModify_SLpipsストップが移動するポイント エントリー値+(n)pips
Modify_SLpips5.0 5.0
exRiskロット決定のリスク値 slにかかた時に資金が減る%
Risk10.0 10.0
GMTOffset3.0 3.0
Starttime0:00:000:00:00
EndTime0:00:000:00:00
exExitSeconds指定秒経過で決済 1日=86400秒
ExitSeconds259200 259200

バックテストEA : 緊急発動FX  V1.06 ・ V1.07
バックテスト期間:  2007/5 ~ 2016/12

1分足が急に●pips動いた時に順張りで追いかけるEA
緊急発動FX USDJPY
緊急発動FX USDJPY | fx-on.com

このEAはもともと、パラメーターの値を利用者の好みで設定してもらえるように作者様は考えて作られているようなので、パラメーターは自分で決めているという方は別として、デフォルト値で利用されている方も多いと思い(わたしもその一人)、長期間のバックテストを行ってみました。バックテストはTickstoryをOANDA-MT4で利用しています。

バックテストは表示が小さいですが、画像をクリックしてもらうと拡大用の画像が表示可能です。

V1.06の結果


緊急発動FV バージョン1.06バックテスト結果

V1.07の結果


緊急発動FV バージョン1.07バックテスト結果

結果をみていただいていかがでしょう・・・
どうもバージョンアップの優位性を見出せませんでしたので、わたしはバージョンアップ前のパラメーターで今後も利用をしていこうと思います。ただ、パラメーターを変更された理由が何等かあるはずですので、今後の情報も注視していくつもりです。

by goldbridge
関連記事

≪スポンサードリンク≫

0 Comments
Leave a comment
0 Trackbacks

※免責事項※
  当ブログは、筆者のFX自動売買に対する考えや意見等を紹介しております。安易な投資活動を勧めるものではありません。
 どんな投資にもリスクがあります。FXへの投資はリスクがあることを十分に理解し、後悔のないように自己の責任で判断ください。

Copyright © ガッツでFX自動売買 All Rights Reserved.